ポップス曲のベースアレンジのポイント! 生っぽく打ち込むコツ!

スポンサードリンク

どうもこんにちは
ぴかちゃうりょうです!

最近ポップス曲を作る過程を記事にするってのをやってて、現在メロディーとストリングスとドラムができてます。
今回はそのシリーズという事で、ポップス曲のベースラインの作り方について書いていきます!

ちなみに過去記事はカテゴリーの冬っぽい曲を作ろうから飛んでね!

ベースアレンジ

使用音源

コンプリート11に入ってる「Scarbee MM-Bass」っていうベース音源を使います。
これは普通のエレキベースのピック弾きのやつ。

ここまでストリングス入れて、ドラムもアコースティックで来たから、ベースもエレキベースじゃないと変だろー!と思って選びました。
実際、ポップス曲はエレキベースが多いしな

ベースアレンジのコツ

まず、ベースアレンジの基本として、コードのルート音をコードが切り替わった頭に弾きます。
これはポップスにおいては絶対原守だと思ってください。

例えば、Cコードだったらコードが切り替わった頭にド
Emコードだったらコードが切り替わった頭にミ

他にも、たとえばAm7/Gとかだったら、オンコードの音であるソ

このルールを守らないと曲が散らかります。

今回の曲のコード進行は

C→FM7→G→E→Am→AmM7→Am7→Am6→FM7→G→G7
C→FM7→G→E→Am→Em7→FM7→G→C

なので、それのルート音をコードが切り替わった頭に入れていきます。
ベースで打ち込んだものはこんな感じ

でも、こうやってルート音を伸ばすだけじゃ面白くないですよね

しかし大丈夫!
ベースはコードの頭はルート音を弾かないとだめだけど、それ以外は結構自由にやっちゃってOK!

頭以外は結構自由

コード切り替えの頭は必ずコードルート音を弾かなきゃだめなんだけど、それ以外は結構自由なんです。

なので、僕はそのコード内で動かしたり、時にはコードに含まれない音も適当に使ったりします

こんな感じ

ただ伸ばすときより格段にのりが出てきましたね!
でも、これでもまだ「ベタベタの打ち込み」って感じ

これを少しでも生演奏っぽくするために、ある工夫をしてやりましょう!

生演奏っぽく工夫

生演奏っぽくするためにはベース特有の技を入れてやります。

その技ってのは、「一瞬オクターブ上」ってやつと、「ピッチベンドでスライド奏法」ってやつ

ベースはよく、ボペボペって感じでオクターブ上の音をはさんだり、ボイーンってスライドさせたりしますよね。
それを打ち込みでもやってやります!

実際にやったのがこちら

ベタベタの打ち込みっぽさが和らぎました!

おわりに

これでベースアレンジが完成しましたね!

これを今まで作ったやつと合わせて聴いてみます!

うん、いい感じに合ってます!

次はピアノを作っていくのでぜひ見てくださいね!

作曲の際に僕が使ってる機材紹介!

ボカロPになりたい人に向けて、必要な機材や方法を完全網羅!
この記事を読めば、今すぐボカロPとしてデビューできる!
作曲の際に僕がよく使うコード進行をまとめた記事。
この記事に紹介されてるコード進行を使えば、初心者だってめちゃくちゃいい曲が作れるよ!
歌い手になるための必要な機材を完全網羅!
たったの2万5千円で歌い手になろう!
スポンサードリンク

行きたい記事にすぐ行けるサイトマップ

記事のシェア、よろしくな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です