楽器が弾ければ人生成功する7つの理由! 音楽は社会で生き抜くための武器になる!

スポンサードリンク

どうもこんにちは
ぴかちゃうりょうです!

今回はこの世の真理について話します!

いきなり本題
人生はね、「楽器が弾ければ成功する」んだよ!マジで!!

はいそこ!嘘だと思ったでしょ?

まぁ聞いて、僕の考える意見をまぁ聞いて、、

あのね、本当だから、マジだから
今からその理由について説明するね

楽器が弾ければ成功する理由

他と差別化できる

まず、楽器が弾ければ楽器の弾けないその他大勢と差別化がはかれるのがでかい

例えば会社に入ったとき、何も取り柄が無ければただの新入社員だが、バイオリンが弾ければ「バイオリンが弾ける新入社員」として他と差別化がはかれる。
ブログだって楽器が弾ければその楽器の記事だってかけるし、youtubeではその楽器を弾いて再生回数を集めることもできる。

「何か楽器ができる」
それだけで一目置かれるのはかなりお得だよね!

異性にモテる

これマジですよマジ。本当にもてます!
少なくとも楽器が弾けない自分と比較したら絶対に楽器が弾けるほうが魅力的!

例えばライブをしたらファンと知り合えるし、音楽教室に入ったら同じ教室に通う生徒や先生と仲良くなれる。
こんな感じで出会いも増えるし、何より楽器を弾いてる姿はかっこいい!!

自分にできないことができる人ってかっこよく見えますからね。

しかも、運動系の趣味と違って、楽器とかはいつでも披露できるし実力があればお金にもつながる。

芸術系の趣味はまじで最強です!

ストレスを発散できる

好きな楽器を思いっきり弾くのは結構ストレス発散になります。
僕も学校とかですっげー嫌なことがあったときとかは「うおおおおおおおぉぉぉぉ!!!」ってギターかき鳴らしたり、好きな人に振られたときなんかは吉田卓郎さんの「今日までそして明日から」を弾いてしんみりします。

ストレスがたまった時に音楽を聴いてリラックスする人は多いですが、弾ければ聴くだけよりもっとストレスを発散できます

生活するということは、ストレスと上手く付き合っていくということですからね。
そのストレスの発散方法になる楽器は最強ですね。

こうやってストレスを発散する事で余裕が生まれて、仕事や勉強などもうまく回るようになるんです。

実力があればそれで食べていける

実力があればyoutubeなどの動画サイトや音楽講師などで副業としてお金を稼ぐこともできるし、最悪本業の仕事がなくなってもそれで食べていけます!
少ない小遣いも趣味で底上げできるなんて夢がありますね!
ただの趣味と違って、副業につながるのが音楽のいいところです!

そして副業として音楽でお金が稼げだすと、「本業に縛られる」事がなくなるわけです。
価値観が一気に変わりますよ!

今までは「サラリーマンとして上の言うことにしたがって、クビにされないように過ごす」のが当たり前だった生活が、「別に首になったって生きていけるしー」という意識に変わるわけです。

そうなれば怖いものなんてないですよ。
上に合わせずにガンガン意見も言えるようになります。

それで最悪クビになっても生きていけるんですから。

しかも、イエスマンよりも自分の意見をしっかりと言う人のほうが社会では上手くいきますから、「心の余裕」と「社会的地位」の二つを得ることも可能です。
まじで一石二鳥!!

自分のすごさが倍増

何か楽器が弾けるだけで、自分のブランド力が倍増します。
というのも、例えば「ただの仕事ができる男」と「バイオリンが弾ける仕事ができる男」がいたとします。

前者は「○○さんてめっちゃ仕事できるよねー!でも、それだけの男」となるのに対し、後者は「○○さんて仕事ができるだけじゃなくてバイオリンも弾けるらしいわよ!!きゃーっっ!!抱いて!!」となります。

何でもこなせるエリート感がだせるというわけです。

自信がつく

社会で成功するために必要なのはとにかく自信らしい
自信を持ってなのごとにも望めば、そうでない人に比べて成果が全然ちがう!、、、らしい、、

楽器が弾ければ俺は楽器が弾けるんだぜという成功体験から、根拠のない湧き出てくる自信を手にすることができる。

ちなみに大成功している会社の社長は大体「根拠のない自信」というものを持ってます。
なので、根拠のない自信さえ掴むことができれば、社会で大成功する確率も大幅にアップします!

話のネタになる

楽器が弾ければ、同じく楽器が弾ける人とかと話が弾みます。
社内でも音楽が好きな上司とかがいれば、一緒にセッションとかして遊んで仲良くなれる。

縦のつながりが重要な日本の企業、音楽ができるというのはいろんなところで活躍する武器になります。

おすすめの楽器

僕は数ある楽器の中でもギターをおすすめします。
安いものは本当に安く買えるし、人気の楽器だからこそネットに情報がたくさん落ちてるからとっかかりもしやすい。

他の楽器と比べて人口が多いから差別化ははかりにくくなるけど、それでも他のメリットがでかすぎ。

ギターをおすすめする理由について詳しくはこちらに書いてます。
よければ!(ギターが趣味だとモテるのは本当!! モテて当然の3つの理由を紹介!)

僕の経験

高校時代モテモテ

僕はギターが弾けたおかげで高校時代モテました。
歌も全然上手くないし、ギターもローコードしか弾けなかったのですが、周りにギターが弾けるやつが少なかったのもあって目立ってました。

これが差別化ってやつですね。
まわりとしっかりと差別化がはかれたこともあってモテることができました。

お金が稼げた

大学に入ってから少しずつですけどyoutubeでお金が稼げるようになりました。
これも音楽をやってたからこそですね。

また、近所にある音楽教室のお手伝いでCMソングを作ったりとか、社会勉強&バイトを兼ね備えた最高の経験をすることができました。
これも楽器が弾けたからこそです。

人脈が広がった

音楽をやっていたことで人脈がかなり広がりました。

僕のyoutubeチャンネルと登録してくれた人達
youtubeを見てツイッターをフォローしてくれた人達
ブログからメールをくれたりライン@を登録してくれた人達
音楽教室で仲良くなった方々
高校のフォーク部のメンバー
等々

数え切れない数の人たちとの出会いが、僕を一回りも二回りも大きくしてくれました!

学校や仕事だけじゃなく、世界をいくつも持つことはマジで大事だと感じた出来事でした。

ライブ活動などで、人前に立つことに慣れる

楽器をしばらく弾いてると、いずれはライブなどに出ることがあります。

そのライブがめちゃくちゃいい経験になるんですよ!

僕が初めてライブに出たときはやばかったです。心臓の鼓動が早すぎて、冗談抜きで死ぬんじゃないかと思いましたもん。
てか、ステージに立つのが怖すぎて死にたいって思ってました。
そして結局大失敗して死にたいが加速したり、、笑

そんな感じのライブを繰り返すうちに

・失敗してもいいから突っ込む度胸
・必要以上に緊張しない心
・人前でも物怖じしない人格

などが備わってきました。
これはかなりいいですよ

ライブ以外でも力を発揮してて、例えば研究室のプレゼン発表でもあんま緊張しなくて、先生方の反応を見ながらプレゼン方法を臨機応変に変えたりもできるようになりました。

おわりに

ここまで長々ーっと楽器が弾けることのメリットをしゃべりまくりました。
この記事をしっかりと読んだ人は、さすがに楽器が弾ければいいことたくさんあるんだなという事は分かってもらえたと思います。

そうと分かったら今すぐ始めちゃいましょう!
なんでもいいので気になった楽器をポチって、音楽ライフをレッツ謳歌!

作曲の際に僕が使ってる機材紹介!

ボカロPになりたい人に向けて、必要な機材や方法を完全網羅!
この記事を読めば、今すぐボカロPとしてデビューできる!
作曲の際に僕がよく使うコード進行をまとめた記事。
この記事に紹介されてるコード進行を使えば、初心者だってめちゃくちゃいい曲が作れるよ!
歌い手になるための必要な機材を完全網羅!
たったの2万5千円で歌い手になろう!
スポンサードリンク

行きたい記事にすぐ行けるサイトマップ

記事のシェア、よろしくな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です