連想ゲーム式作詞方法 鼻唄に歌詞をつけてみよう! 初心者作曲講座vol.4

スポンサードリンク

どうもこんにちは!
ぴかちゃうりょうです

9oo_1tkg_400x400

初心者作曲講座vol.3でオリジナルソングの作曲の部分は完成したね

今回からは、そのメロディーにどんな歌詞を載せるのか、つまり作詞のやり方について書いていくよ!

作詞は作曲よりも簡単!

作詞は超簡単にできる裏技があるんだよね
僕は作曲よりも作詞のほうが簡単にできるって思ってるよ

っていうのも、作曲は鼻歌を適当に歌うだけでできるんだけど、コード進行にあわせて鼻歌だったり音楽理論の部分が多少必要じゃん?

その点、作詞は本当に自由だからどんなことを書いても正解なんだよね。

たとえば、メロンが大好きだとする。

サビで

作曲初心者
メロン大好き好き好きーっっ!

をひたすら繰り返すだけでも作詞としては完成!

僕もちょっと前に「スキー好きーっ!」って曲を作ったしね笑

だから、作詞に正解は無いんだから作詞について難しいイメージを持たずに、軽く考えて欲しいんだ。

っていっても、さすがに好きな事を叫ぶだけはちょっとって人もいるよね

作曲初心者
もうちょっとかっこいい歌詞が書きたいなー
ぴかちゃうりょう
お任せあれ!

そんな人にお勧めの作詞方法をこれから紹介するぜ!

連想ゲーム式作詞法のやり方紹介

その名も、『連想ゲーム式作詞法』
連想ゲーム式作詞法を使えば簡単に作詞ができるんだ

これから連想ゲーム式作詞方法のやり方を説明して行くね。

書きたいものを中心に、連想ゲームをする

どういうものかというと、まずは「これについて書きたい」っていう好きなものやを一つ想像してみて

そこから連想ゲームをして想像を膨らませて行く

僕は真ん中にメロンを置いたからこんな感じ

meronn

できるだけ多く連想しよう!

使えるワードを探し、曲のコンセプトを決める

そして、連想ゲームででたワードの中から使えそうなのものを探していく

ぱっと見た感じときめきとか手に入りくいとか使えそうだよね。

恋愛系の曲にするといい感じって、なんとなくイメージが湧いてくるんだ。

そんな感じで、連想ゲームで出てきたワードから曲のコンセプトを決める
『ときめき』とか『手に入りにくい』ってワードが気に入ったから、僕は恋愛の歌にする事を決めた!

タイトルとサビ頭は覚えやすくインパクトのあるワード

ここで曲のタイトルなんだけど、覚えやすくインパクトがあるほうがいいよ!

たとえばAKB48の「フライングゲット」や「恋するフォーチュンクッキー」などはめちゃ覚えやすいよね。

しかもその曲名をサビの頭でなんども繰り返してる。

そうすることによって大勢の人に親しみやすく口ずさみやすい曲ができるんだ。

関連記事:秋元康流作詞方法! 

なので僕はそれを踏まえて『ときめきメロン』というタイトルの恋愛っぽいメロンの曲を作ろうと思う!

サビ頭はもちろんときめきメロン!
ずばばっとサビだけ作ったらこんな感じになったよ

『ときめきメロン』

ねぇ、ときめきメロン♪ 伝えられないもん だけど 果汁がぐちゃぐちゃしてて
も う あ ふ れだしそうなの
Ah ときめきメロン やだ スイカに負けられない! 何より甘いのは私

できたよ、ときめきメロン!笑

歌ってみたよ!『ときめきメロン』!

僕の歌がひどいのはおいといて、
どうかな?結構頭に残るくない?

ぴかちゃうりょう
何?この歌詞!?笑える!
ぴかちゃうりょう
ふふふ、それで覚えてもらうのが狙いだ、、、

作詞ってこんな感じだよ!
この調子でAメロもBメロも作っちゃおう!

メロンだしスイカもサビに出てきたし、なんとなくイメージは夏だよね。夏の恋の唄!
ってことでもっとイメージしやすいようにAメロで風景描写いれよう!

例えばこんな感じ

眩しいくらい照り付けるsea’s summer sun
砂浜に丸いメロン落ちてる

一行目でめっちゃ晴れた真夏の海が明確にイメージできるよね
ほんで2行目で、メロンが悲しい感じにポツンと落ちてるのが思い浮かぶでしょ。

このメロンがさみしげに落ちてるというのがBメロの、そしてサビへの展開の伏線になっていくんだ。

ってことでBメロはこんな感じかな

きっと踏み出せなかった未来の自分 
今だ 変わらないと (メロメロンメロメロメロン)

一行目でメロンの寂しさは踏み出せなかった未来の自分と関連つけてる
AメロとBメロがうまくつながったね

そして2行目で心のプラス方向への変化を示唆してる。
がんばろう!みたいな

そしてメロメロンメロメロメロンという謎の合いの手
これで一気に盛り上がってサビ!!って感じがだせる!インパクトもあるし!

作詞が完成した『ときめきメロン』、実際に歌ってみたよ!

『ときめきメロン』 作詞&作曲 ぴかちゃうりょう 編曲 ぴかちゃうりょう

眩しいくらい照り付けるsea’s summer sun 
砂浜に丸いメロン落ちてる

きっと踏み出せなかった未来の自分 
今だ 変わらないと (メロメロンメロメロメロン)

ねぇ、ときめきメロン♪ 伝えられないもん だけど 
果汁がぐちゃぐちゃしてて も う あ ふ れだしそうなの
Ah ときめきメロン やだ スイカに負けられない! 
何より甘いのは私

fd400825

どう?
自分で言うのもなんだけど、かなりいい曲になったと思う!笑

最初はいい歌詞を書こうなんて気負わなくていいから、とにかく書きたい歌詞を書いてね
そもそもいい歌詞ってなんだ?って話だし。

自分が書きたいものをノリノリで書いた歌詞は、きっとほかの人にも伝わるとってもいい歌詞なんだ!

迷ったりしたらダメだよ!とにかく書き続けてね!
連想ゲーム式作詞法で、とにかく書きまくろう!

まとめ

1、作詞に正解はない。書きたいことを書けばそれでOK!
2、なかなか思い浮かばなければ連想ゲーム式作詞法を使ってサビを完成させる
3、AメロやBメロはサビへの伏線を意識

次記事 オリジナルソング完成! これまでのまとめ!
前記事 サビ以外のコード進行! 鼻唄作曲を練習しよう 初心者作曲講座vol.3

作曲の際に僕が使ってる機材紹介!

ボカロPになりたい人に向けて、必要な機材や方法を完全網羅!
この記事を読めば、今すぐボカロPとしてデビューできる!
作曲の際に僕がよく使うコード進行をまとめた記事。
この記事に紹介されてるコード進行を使えば、初心者だってめちゃくちゃいい曲が作れるよ!
歌い手になるための必要な機材を完全網羅!
たったの2万5千円で歌い手になろう!
スポンサードリンク

行きたい記事にすぐ行けるサイトマップ

記事のシェア、よろしくな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です