ボカロ曲大ブームの理由を3つのポイントに分けて徹底分析! 

スポンサードリンク

どうもこんにちは!
ぴかちゃうりょうです

rp_9oo_1TKG_400x400.jpg

今回はどうしてボカロ曲が一世を風靡できたのかを分析していきたいと思います。

ボカロとは

mikuv3_img1


まず、ボーカロイドとは何なのか。

ボーカロイドとは、メロディーと歌詞を打ち込むだけで歌ってくれるヤマハが開発した歌声合成技術・ソフトウェアのことです。
つまりはボーカルの打ち込み音源ということですね。

このボーカロイドという楽器ができたおかげで、曲を作るのは好きだけど歌いたくは無いという人たちが自分の曲を発表できるようになりました。

そして、その人たちが作った楽曲を投稿していたサイトがこちら

ニコニコ動画


niconico

ニコニコ動画とは、ドワンゴが運営している動画サイトで、誰でも生放送を放送できるという点やコメントが横に流れるといった画期的なシステムで人気を博しました。

ヒャダインさんやゴールデンボンバーさんなどはニコニコ動画で有名になってからメジャーデビューするなど、かなりの可能性を秘めた動画サイトです。

このニコニコ動画という動画投稿サイトに、当時のボカロP(ボーカロイドを使って曲を作る人)たちは自分で作ったオリジナルソングを投稿しまくりました。

ボカロ曲大ヒットの理由


ボカロ曲大ヒットの理由を3つのポイントに分けてみていきます。

まず一つ目のポイントはこれ!

日本中のアマチュアDTMerたちが曲を大量生産した

歌入りの曲を作ったはいいものの、自分が歌えないからただただ趣味で作ってた人たちに世に曲を発表する手段ができました。

そうして、日本中から数えきれないくらいの曲が投稿されました。

名曲は作ろうと思って生まれるのではなく、たくさん曲を作った中にたまに名曲がある。

ボーカロイドの件はまさにこれで、日本中から莫大な数の曲が集まれば、その中に名曲があるのは当然。
曲の数の母体数が圧倒的に多いので、結果として名曲の数も多くなります。

また、動画サイトに投稿されているということもヒットの理由になっています。
ニコニコ動画に曲が上がっているということは、一般ユーザーたちは、ただで、たくさんの曲が、クオリティ高く、さらには動画付きで聴けるようになりました。

当時はメジャーレーベルに所属しているアーティストさんたちは無料で楽曲やMVなどを公開してなかったですから、お金のない10台の学生たちを中心に爆発的大ヒットです。

以上が1つ目のポイントです。
では2つ目のポイントに移ります。

ボーカロイド音源では生歌に勝てないから、曲の企画力が高くなった

まずこの曲を聴いてみてください。

れるりりさんの聖槍爆裂ボーイという曲です。

この曲のテーマは「本能のままに生きる男の子」ということで、下ネタをスタイリッシュにかっこよく表すことで大人な感じでよりエロくなってます。

かといってそんなワードを歌詞にガンガン入れるんではなく、「0.02mmの壁」や「5分で終わるテスト」など、そういうことをほのめかせて利き手側に想像させるような、非常に完成度の高い楽曲となっています。

「本能のままに生きる男の子」というテーマに沿って、作曲・編曲・作詞、さらには動画編集までもしっかりと企画して行っているからこそ統一感のある名曲が誕生しました。

こんなにしっかりと企画された曲はpopsでは珍しいですが、ボカロ曲には沢山あります。
その理由として、ボーカロイドが生歌には勝てないので、それを補うために企画力が高くなったと考えられます。

以上が2つ目のポイントです。
では、最後のポイントにいきます!

その企画力の高い曲を「歌ってみた」としてプロレベルアーティストたちがカバーした

ボカロ曲はボカロ曲単体の力でここまで人気になったわけではありません。

ニコニコ動画には、ボカロ曲を歌ってみたカバーすることが専門である「歌い手」という方々が存在します。
人気歌い手ともなるとプロレベルに歌がうまく、また歌声もかなり個性的です。
なかにはそのままプロになる人もいるくらい。

そんなプロレベルの人たちがボカロ曲をカバーするんです。

ボーカロイドに歌わせたんじゃ生歌のpops曲には負けちゃうから企画力を高めた曲が、企画力抜群で歌唱力も最高クラス、さらにただで見れるというぶっ壊れコンテンツになっちゃったわけです。

さらにそれだけではありません。
人気のボカロ曲はたくさんの有名歌い手さんたちにカバーされますよね。

そうなると、あるボカロ曲が好きでその曲の歌い手さんが歌ったバージョンも聴いてる内にその歌い手を好きになり、
そうしてその歌い手さんを聴いてるうちに、その歌い手さんがカバーしてる曲を好きになったりと、相乗効果が半端ないんです。

こうして横の広がりが強く、お金のない10代を取り込んだことにより爆発的に市場を広げていったというわけです。

おわりに

ボカロブームがおこった理由を3つのポイントに分けて紹介していきましたがどうだったでしょうか。

ニコニコ動画とボーカロイドソフトの登場により日本中の才能が発掘できました。
それ以前は「音楽活動するなら上京しないと厳しい」感じがありましたから、ネットでやり取りできるようになって新しいクリエイターが自分を表現しやすくなりました。

ボカロ曲には今回紹介した聖槍爆裂ボーイ以外にも素晴らしい曲はたくさんあります。
例えば千本桜

トヨタのCMに使われたり、小林幸子さんが紅白歌合戦で歌ったりと、もはやボカロの域には収まっていない日本を代表するヒット曲となっています。

ボカロ曲にはほかにもすごい曲が沢山あるので、よかったら聴いてみてください。

また、ボカロPになりたい方はこちらの記事も参考にしてみてください

ボカロPになりたい人へ 必須の機材&方法 まとめ!

作曲の際に僕が使ってる機材紹介!

ボカロPになりたい人に向けて、必要な機材や方法を完全網羅!
この記事を読めば、今すぐボカロPとしてデビューできる!
作曲の際に僕がよく使うコード進行をまとめた記事。
この記事に紹介されてるコード進行を使えば、初心者だってめちゃくちゃいい曲が作れるよ!
歌い手になるための必要な機材を完全網羅!
たったの2万5千円で歌い手になろう!
スポンサードリンク

行きたい記事にすぐ行けるサイトマップ

記事のシェア、よろしくな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です