スピッツのチェリーのコード進行を参考に、アコースティックな曲を作ろう! 

スポンサードリンク

どうもこんにちは
ぴかちゃうりょうです!
rp_9oo_1TKG_400x400.jpg

今回はスピッツさんのチェリーのコード進行を参考に、アコースティックな曲を作って行きます!

コード進行にあわせて鼻歌を歌うというという鼻歌作曲方法を使っていくので、作曲の分からない初心者の方でも簡単に作曲ができますよ!

では早速チェリーのコードを見て行きましょう。

サビのコード進行

サビのコード進行はこんな感じになってます。

Am→Em→F→C
Am→Em→F→C
Am→Em→F→C
Am→Em→F→G→C

「おすすめコード進行!」 作曲初心者必見! カノン進行や王道進行やクリシェ進行を使いまくろう!で紹介した小室進行を変形したやつですね。

これに鼻歌でメロディーをつけてみてください。
どんなに変だと思っても編曲したら普通になるので消さないでください。

ちなみに僕はこんな感じになりました!

次はAメロ行きますよ!

Aメロのコード進行

Aメロのコード進行はこんな感じです

C→G→Am→Em→F→C→F→G
C→G→Am→Em→F→G→C→Am→F→G→Cadd9

これも「おすすめコード進行!」 作曲初心者必見! カノン進行や王道進行やクリシェ進行を使いまくろう!で紹介したカノン進行と同じですね。
このコード進行にメロディーをつけてみてください。

ちなみに僕はこんな感じになりました。

ワンコーラス完成

Aメロとサビをつなげて伴奏をアコースティックギターにしてみました。

どうでしょうか?
爽やかなアコースティックな曲ができたんじゃないでしょうか。

僕は大満足です笑

こんな感じで、コード進行を参考に鼻歌でメロディーをつけるだけで作曲が出来てしまうのです!
次はこの曲に歌詞をつけていくので次回もお楽しみに!笑

作曲の際に僕が使ってる機材紹介!

ボカロPになりたい人に向けて、必要な機材や方法を完全網羅!
この記事を読めば、今すぐボカロPとしてデビューできる!
作曲の際に僕がよく使うコード進行をまとめた記事。
この記事に紹介されてるコード進行を使えば、初心者だってめちゃくちゃいい曲が作れるよ!
歌い手になるための必要な機材を完全網羅!
たったの2万5千円で歌い手になろう!
スポンサードリンク

行きたい記事にすぐ行けるサイトマップ

記事のシェア、よろしくな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です