ここぞという時に使えるおしゃれなコード進行3選!

スポンサードリンク

どうもこんにちは
ぴかちゃうりょうです!

みんな

作曲する人
いっつも使うコード進行が単調なんだよなー
作曲する人
もっとかっちょよくて変わったコード進行使ってみたいぜ!

なんて思ったことない?
あるよね?あるじゃろ!?

うんうん分かるぜ!僕もいつもそんな感じだしな。
常に新しいコード進行を探して求めて躓いて、コード進行難民みたいになってるかんね!

ぴかちゃうりょう
新鮮なコード進行が使いてー!

そして難民になるとつらいよー

どんなコード進行を合わせてみてもどれもなんか違うんだよね、、
そして結局曲が完成しないまま没になることもしばしば、、、

やけん今回は、そんなコード進行難民を救うべく、僕もめっちゃよく使うちょっと技ありなコード進行を紹介していこうと思う!

まず最初に紹介するのはこのコード進行!

おしゃれなコード進行3選

ラヴィンニュー進行 FM7→Em7→Dm7→CM7

最初に紹介するのは以前こちらの記事(売れるけどあんまり使われてない最強のコード進行!! ラヴィンニュー進行を紹介)でも紹介したラヴィンニュー進行!

この進行は本当に使いやすい!
迷ったらとりあえずこれを合わせてみるといいかも。

バラードにもアップテンポな曲にも合う、かなり有用なコード進行なんよ!

構成はFM7から全ての音がだんだんと下がっていくというもの
めっちゃおしゃれ!

Dm7→Em7→FM7→G→Am7

2つ目に紹介するのはDm7→Em7→FM7→G→Am7という、Dm7からだんだんとルート音が上がっていくコード進行

面白いのが、ルート音だけではなくトップの音以外の音もだんだんと上がっていってるところ。

GコードをG7にしたらすべての音がだんだんと上がってることになってもっと面白くなるよ。

また、最後のコードをAm7にして終わらせてるけど、そこを無しにして

Dm7→Em7→FM7→G

で切って、そこから展開させていくのもできる!
ドミナントコードのGが来てるから選択肢はほぼAmかCしかないけど、、

Dm7→Em7→FM7→G/F

にしてトニックに行きたがる感じをやわらげたらほかのコードにも繋げやすくなるかも!

とにかくこのコードもかなり使い勝手がいいし「お!なんか特殊!」って思わせれるのでお勧め!

FM7→G→Em7-5→A7

最後に紹介するのはこのコード進行!

一見ただの王道進行(FM7→G→Em7→Am7)に見えるのですが、よく見ると3つ目のコードのEm7がEm7-5に、Am7がA7になってる。

これはFmキーのⅡ→Ⅴ進行を一時的に借りてきてる、いわゆる転調というやつなんだけど、これがかなーりうまくCキーの王道進行の変化球としてはまってる。

もうマジでこれ最強。
一度使ってみたらわかると思うけど、マジで温かいしめちゃくちゃ使いやすい!
しかも、「俺、こんなコード進行も知ってるぜー!どやー」もできる。

おわりに

どうだったかな?
今回紹介したコード進行は曲の響かせたいポイントに使って十分に効果を発揮できるめっちゃすごいものたちなんよ。

コード進行が単純で「変化つけたいなー」なんて思ったときはぜひ使ってみてね!

作曲の際に僕が使ってる機材紹介!

ボカロPになりたい人に向けて、必要な機材や方法を完全網羅!
この記事を読めば、今すぐボカロPとしてデビューできる!
作曲の際に僕がよく使うコード進行をまとめた記事。
この記事に紹介されてるコード進行を使えば、初心者だってめちゃくちゃいい曲が作れるよ!
歌い手になるための必要な機材を完全網羅!
たったの2万5千円で歌い手になろう!
スポンサードリンク

行きたい記事にすぐ行けるサイトマップ

記事のシェア、よろしくな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です