運転は慣れてからが危険! 免許取ってから1ヶ月たって感じる恐怖体験談

スポンサードリンク

どうもこんにちは

一度悲劇が襲い卒業検定の不合格とともに再受験料&補講代で1万円を失った俺。(僕が卒業検定に落ちた理由と、身を持って体感した受かるためのコツ)

しかし、そんな俺も泣く泣く1万円という大金を払い、最近やっとこさ卒業検定に受かって念願の免許を取ることが出来た!(卒業検定に落ちた人が次に確実に合格するためのコツ)
23歳大学院1回生のぴかちゃうりょうです。。

つらかった車校生活から時はたち、ついに免許取得から1ヶ月が過ぎようとしています。
いまだ初心者運転者ではあるものの、次第に運転に対する緊張感は薄れていき、初めのころ感じていた恐怖感を全く感じなくなってきました。

いわゆるこれが一番事故りやすい時期。
実力もあまりなく、経験もないくせに気を付けることもしない「自信過剰」状態!

今回はそんな時期に現れた僕の変化をまとめていきたいと思います!

慣れてきて変わったこと

運転が基本片手

運転が基本片手になりました。
これ、超あぶないですよね?分かってます!分かってるんですけど、両手で持つのはめちゃくちゃだるい、、、笑

教習時代、必ず両手で運転していたころが懐かしい、、、
免許とってからというもの、だんだんと片手運転の割合が増えていき、いまでは9割以上片手で運転しています。

そのせいでこないだ3時間くらい運転したときなんか右手が真っ赤にはれ上がりました、、笑
右手が悲鳴を上げてもだるさが勝り片手運転をやめない僕は重症です。。

スピードが早い

免許取立ての時は法定速度ぴったしかそれよりも遅いくらいで走ってました。
一般車は法定速度のだいたい10~20キロくらいオーバーして走ってることは知ってました。
そして、それに合わせないとかえって危険ということも知ってました。

しかし、免許取立てのころは怖くてスピードが全然出せなかったのです。
周りがびゅんびゅんとばしてるのを見て、「こいつら正気か!?事故るぞ馬鹿ども」なんて思ってびくびくしてました。

それがどうでしょう。
いまでは全然普通に一般車に溶け込めてるではないでしょうか!

むしろ、60キロでもちょっと遅いと感じてしまいます。
これはさすがに危なすぎるので一般道でかっ飛ばすことはありませんが、取立てのころとは比べ物にならないくらいスピード感覚は慣れました。

信号待ちはスマホ

信号待ちで暇な時、だめだと分かってはいるんですがスマホ見ちゃいます、、、
LINEが来てないかチェックしたり、ツイッターをチェックしたり、とにかくスマホを使って暇つぶしをしちゃうんです。

これも余裕ができたからこそですが調子に乗りすぎだなとも思ってます。

危険な出来事

そんな感じですからね、もちろん危険なこともありました。
次はそのことについて話していきますね!

片手運転のせいでカーブが危ない

僕は最近はほとんど片手運転だと言いました。
そのせいでカーブがたまに危ないのです。

普通の大通りなどは大丈夫ですが、例えば車どおりの少ない広い道などは勝手にスピードが出ちゃいますよね?
そんなときに急カーブが現れたら「ぐおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」っつっておもっきし腕をひねって曲がります。

まるで頭文字Dのガムテープデスマッチのように。
ただの軽自動車でガムテープデスマッチなんて狂気の沙汰です。

ぼくはイカレテルかもしれません。。
そんな状況でも僕は片手運転をやめないんですもん。
左手を使うのはかなーりだるいのです。

青信号に気付かない

さっき信号待ちのときはスマホをいじると言いましたね。
そのせいで信号が赤から青に変わったことに気づかないことがあります。

「LINE返信ふんふふーん♪ツイッターリプライふふんふふーん♪♪」

プップーーーー!!!!!!!

「うわお!!青か!!」

なんて事がありました。
これは他の車の迷惑になるので絶対にやめましょう!

慣れたことでプラスになった事

しかし車の運転に慣れることは決して悪いことではありません。
僕みたいに調子に乗るとだめですが、本来なら緊張しっぱなしよりも慣れたほうが交通社会の要領がつかめて安全なのです。

ってことで、次は僕が車の運転になれたことによりプラスになったことを話していきます!

すれ違いとか細い道が余裕

車の運転になれたことにより、すれ違いとか細い道とかも怖くなくなりました。
これは車の車幅感覚がより正確に磨かれたからだと思います。

割と細い道で対向車が来ても「この道ならすれ違えるな」とか、「この道は無理だからこの辺で待っとこう」など、しっかりと判断ができるようになりました。

原付や自転車も余裕で抜かせる

はじめの頃は左端の路側帯とかに自転車とか原付がいると絶望していました。

車幅間隔が微妙ですからあたっちゃって事故になることがめちゃくちゃ怖かったのです。

しかも、自転車ならまだしも原付はまぁまぁのスピードで走ってるからなかなか抜けません。
抜こうと思ったら結構スピードを出さないと厳しいです。

最初の頃は原付が現れると「早く抜かないと!」という謎の強迫観念にかられてがむしゃらにスピードを出してました。
そんなある日、いつもと同じく原付を抜こうとスピードを上げて少し中央線をはみ出したところ、反対車線の自動車も原付を追い抜くところで中央線によってきてました!

「ひいいいいぃぃぃぃぃぃぃ!!!ぶつかるーーーー!!!!!」

なんとかギリギリ通り抜けて事なきを得ましたが、かなり怖い体験でしたね。

でも、運転に慣れてきた今は、前にいる原付を抜かすタイミングなども取れるようになりました。

細い道からの右折も気合でいける

細い道から大通りに右折して出るのって結構ハードル高くないですか?
僕は超苦手でした!

右からも左からも車がビュンビュン通るので、全然出れなくて完璧地蔵状態!
毎回そのまま何分も待ってました、、笑

しかし、今ではそんなのヘノへのかっぱ!車の流れを遮ってずうずうしく出る事ができるようになりました!
大通りで車の流れが途切れるのを待ってたんじゃいつまでたっても出られません。
多少のずうずうしさが必要なのです!笑

バック駐車が余裕

はじめはめちゃくちゃ苦手だったバック駐車!
全くできずに毎回斜めで白線をはみ出してました!

でも、いまでは「キュイーン、くくくっ!」みたいな感じで切り返しもなく素早くできるようになりました。

バック駐車は難しいけど慣れれば簡単です!笑

おわりに

運転は怖いものなのです!
どんなに運転がうまくなったって慣れてきたって、本質は変わりません。

なのでみなさんも最初の頃の緊張感がなくなったって油断しちゃ駄目ですよ!
間違っても僕みたいにはならないこと!絶対に危険な目に合うので、、

車に置いとくべきオススメアイテム!

僕も常に車に置いてる、ドライブがはかどるオススメアイテムを紹介してるよ!

スポンサードリンク

行きたい記事にすぐ行けるサイトマップ

記事のシェア、よろしくな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です