カラオケで聴いてられないほど下手なやつに出会ったときの対処法!

スポンサードリンク

どうもこんにちは
ぴかちゃうりょうです!

みんな、カラオケは好きですか?
いいですよねー、カラオケ!
好きな歌を好きなだけ歌えちゃうんですもん!もうストレス発散発散!!ストレスフリーですよ!

がしかし、そんなストレス発散の場のはずであるカラオケが、時にはストレスのガンガンたまる場になることがあります。
それはズバリ!めっちゃ下手なやつがいたとき!

友達同士のカラオケとかではあまり無いですが、サークルの飲み会の2次会とか会社の付き合いとかで行くとたまにモンスターに出会います。。

今回は、そんな耐え切れないほどの歌声に出会ってしまったカラオケをうまく乗り切る方法を紹介していくよ!

部屋を出る系

トイレに行く

その人が歌う番になったら毎回トイレに行きましょう!
そうしてトイレで時間をはかります。

トイレに行って帰る時間を1分とすると、トイレの中で3分過ごせばその人の歌は終わっていることでしょう。
なのでスマホのストップウォッチなんかでしっかりとはかって終わったころにしれっと戻りましょう。

飲み物を取りに行く

その人が歌う番になったら、毎回飲み物を取りに行きましょう!
そうしてトイレと同じように時間を計ります。

こちらもさっきと同じように4分間くらいを考えればいいでしょう。
とにかくその人の歌途中に帰らないようにくれぐれも気をつけてください。

電話をするふり

その人が歌う番になったら、毎回電話をするふりをして部屋を出ましょう。
そうして、同じく4分間時間をはかりましょう。

また、誰かに見られる可能性もあるので、携帯を持ちながら独り言を言い続けましょう。

友達設定なら
「おう、久しぶり!元気?」
「マジで!わはは!」
「へぇー、そうなんや」

バイトとか会社関連なら
「はい」
「はい、、、はい、、、」
「はい、、、はい、、、はい、分かりました」

親設定なら
「もういいけん!」
「分かった分かった!」
「きるよ!え!?それはもういいけん!!!」

とかをリピートしてればごまかせます。

ここまでで部屋を出るという対処方法を説明してきました。

でも、こうやって出てばっかだと怪しまれます。
それに、周りのみんなもこの手を使ったら、その人が歌ってる時だけ毎回ヒトカラになっちゃってもう笑っちゃう

なので、部屋を出ないでもできる対処法もしっかり覚えましょう!

耳を塞ぐ系

耳栓

その人が歌う番になったら毎回おもむろに耳栓をしましょう。
耳栓でその人の発する音を全てシャットアウトすることで苦じゃなくなります。

イヤホン

それか、その人が歌う番になったら毎回イヤホンをして好きな音楽を聴きましょう。
イヤホンで耳を塞ぐことで、耳栓と同じ効果が得られます!

まぁでも、耳に何かつけてるのがばれたら超失礼ですよね。
それに、周りのみんなもこの手を使ったら、その人が歌ってる時だけみんな耳ふさいじゃってもう笑っちゃう

なので上記の方法ほど死の声(デスボイス)は防げませんが、実用的な方法も覚えましょう。

意識飛ばす系

スマホに熱中

スマホに夢中になっちゃいましょう!
スマホに夢中になればなるほど意識がどんどんスマホの世界に行って、外界の音が聞こえなくなります。

やばすぎる歌も意識の外になるので、あんまり気にならなくなります。

おしゃべりに熱中

それか、ほかの友達や先輩とかと話しまくりましょう。
そうしておしゃべりの世界に意識を飛ばしちゃいましょう!

そうすれば、殺人的な歌も意識の外になるので、あんま気になんなくなりますよ!

寝る

もう寝ちゃいましょう!
これは意識とばす系の中では一番効果が高いです。

なんせ夢の世界に飛んじゃいますからね。
スマホやおしゃべりなんかとは次元が違いますよ!笑

これが出来れば絶対にキモすぎる歌声から逃れることが出来ます。

こんな感じで、何かに集中して死の声(デスボイス)から意識を遠ざけようという作戦を紹介してきました。

まぁでもどれも歌い手にばれたらショックを与えてしまいますよね。
それに、周りのみんなもこの手を使ったらその人が歌ってる時だけ毎回お昼寝タイムになっちゃってもう笑っちゃう

ってことで究極の回避方法に移ります。。。

現実を突きつける

これが時として、歌い手にとって一番優しい選択になりえます。
その人は自分が死ぬほど下手という現実に気づけてないわけです。

人は気づかないと、認識しないと前へは進めません!

その人を成長させるためにも、ここはあえて現実を突きつけましょう!

でもまぁ、直接「お前下手なんだよ!歌うな!!」なんていうのはなかなか難しいかもしれません。
なので、下手ですよというのを暗に知らせる方法を伝えます。

録音して聴かせる

モンスターの録音して本人に聴かせましょう。
スマホの録画とかして、後でグループラインにはったりしましょう。

でも、これじゃあさらしあげのいじめみたいになっちゃいます。
そんな時に便利なのが、カラオケに搭載されてる録画機能!!

最近のカラオケはすごいんです!
さっき歌ったやつを録画してくれて、そのままその場で見ることが出来るんですよ!

なので、モンスターのちょっと前くらいから録音する流れを作って、その流れでモンスターの歌を本人に聴かせてやりましょう!

これで大抵のモンスターは討伐できます。

しかし、レベルの高いG級モンスターとなるとまだこれでは倒せません!

もはや何がうまいとか何が下手とかの概念がぶっ飛んじゃってるクレイジーな奴がたまにいます。
そんな時はさらなる手段で対抗しましょう。

採点機能を使う

そいつの聴覚がぶっ飛んでいるのならば、もう機械の点数で分からせるしかありません。。。
まわりのみんながだいたい70~80点を出す中、自分だけ50点とかだったらさすがに現実が分かるはずです。

これでだいたいのモンスターは討伐できるはずです。

しかし、ごくごく稀に機械の力を借りても討伐できないG級クエストのラスボス、モンスターハンター2ndGでいうウカムルバスのような最強のクレイジーモンスターがいます。

彼らには採点結果なんてへでもないのです。
しかも、そんな彼らに限って歌の破壊力も普通のモンスターとは比べられないものを持っていることが多いです。
なんとたちの悪いことでしょう、、、

僕の友人は精密採点Ⅱでおジャ魔女どれみのオープニングテーマ「おジャ魔女カーニバル!!」を歌って2点をたたき出しましたが笑ってました。
のちには武勇伝としていたるところで語ってます。

そんな感じで採点機能が全く効果のない猛者もまれに存在します。

そんな時に使える、ドラゴンクエストでいう「メガンテ」のような最強の技。
いわゆるどんなカラオケモンスターだって黙らせることのできる最終手段を紹介します。

店員に言わせる

店員に言わせちゃいましょう。
これは無関係の店員さんも巻き込む大掛かりな仕掛けになってしまいますが、僕たちの切実な思いを届ければ、きっと店員さんも分かってくれるはずです。

まず、ドリンクや食べ物を頼みます。
そして店員さんが持ってきた後出ていくときにトイレに行くフリして店員さんの後をつけます。

そして店員さんに事の成り行きを話してお願いします。
これでオッケーです!

店員さんにまじめなトーンで「お客様の歌が下手すぎて苦情が来てます。」なんて言われちゃったらさすがにウカムルバスだってノックアウトですよ。

ですが、この手段を使うとほぼ直接下手なんだよと言ったようなものなので、他の手段に比べて格段にリスクが高くなります。
なので、使うのは「どうしても無理だ!死ぬぅぅぅぅぅぅぅっっ!」って時だけにしましょう。

おわりに

僕たちはストレス社会に生きています。
日々ストレスをため込んでため込んで、それでもがんばってがんばって、ボロボロになりながらも生き抜いて。。

そんな僕たちのストレスを発散できるカラオケというオアシスまでけがされるのはあってはいけないことです!!

もし今後モンスターに出会うことがあれば、上に書いた方法を駆使してどうにかオアシスを守り抜いて下さい!

僕はそんなあなたたちの味方です。
このブログを読んでくれたカラオケ難民たちに、幸あれ、、、

スポンサードリンク

行きたい記事にすぐ行けるサイトマップ

記事のシェア、よろしくな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です