ド下手大学生バンドまじキモいからやめろ!

スポンサードリンク

どうもこんにちは
ぴかちゃうりょうです!

はじめに言っとくけど、今回はいままでの僕にはないキレッキレの批判が飛び交うけん注意してね、、、

では行こう。
ド下手大学生バンドあるある及び、う○こ下手な初心者バンドに苦しめられた僕の体験談へ、、、

ド下手大学生バンドあるある

まずはド下手バンドあるあるをまとめていくよ。
自分のバンドが、一つでも当てはまってると思ったらやばい

自分に酔ってる

すんげー変な髪形で、すんげー変な服装で、もうダサさしかないのにすんげーかっこつけてるよね?

なんで下手なやつほど自分に酔ってるんだろう、、、
全身鏡の前で録画してみて欲しい。

リズムばらばら

やばいくらいばらばらなリズム。。。
大事な大事なブレイクのタイミングもズレズレだよね?

たぶんライブまでの総練習時間は30分くらいで、他は服とか髪型とかセットしてたんじゃね?

チューニングできてない

これはマジで目の前の現実を疑ったよ、、笑
何でチューニングがあってないの?
君が奏でる音全て外れてるよ?
しかもなんでそんなに気持ちよさそうに演奏してるの?耳ついてないの?

音量調整ミスりすぎ

これも超あるある!

ギターとかベースとかの音量調整ミスりすぎだろ!!
なんなのあれ、もはやボーカルの声聴こえないし!笑

ほんとにやばいとこはドラムすら聞こえん。。。

練習不足

やっぱり練習不足が透けて見えるのが多い。

学際で無料な、サークル内だけで楽しむ内輪会ならいいけど、お客さんからお金取ってするライブで練習不足だと金返せってなるよ。

お金取るんなら全力でがんばらんと。。

ド下手バンドについて5つのあるあるを紹介してきたけど、これらを兼ね備えた状態でライブを行っている君たち、、、
気づかずにそんなライブをしているうちに、僕のような被害者を出しているかもしれないぞ、、、

本当にあった絶望の体験談

ある日のこと、僕はとある大学のとあるサークルのとあるライブに行くことになります。
というのも、

「俺らんバンドマジでかっけーから!りょうも音楽やってんしょ!?ならくるしかないっしょっっっ!!!!」

といういかにもキョロ充そうなキモバンドメンにライブに誘われます。
「めんどくせーなー」と思いつつも、バンドアレンジに興味があったため、勉強もかねて行くことを決めます。

そんな僕に予想もしなかった悲劇が訪れるのです、、、、、

めっちゃ下手!!下手すぎ!!!

もうね、聴いてらんないくらい下手!
ヘタヘタ!下手すぎる!!笑

まずドラムが絶望的に下手なのよ、
マジで「練習したの!?!?」って本気で聞きたい
ドラム未経験者の俺のほうがうまいんじゃないかと疑うレベル。

しかししかし、そんなもんじゃ終わらないのがこのバンドのすごいところなのさ

なななな、なんと!!!
他のメンバーもドラムと同じかそれ以上に下手なの!!!

ベースは指で弦が抑えるのが下手で「ぼいんっ」とか言ってるし、ギターのブリッジミュートは一度としてドラムのリズムとかぶることはなかった、、、

だがしかし、そんな楽器隊をあざ笑うかのように君臨する、圧倒的な才能を持った男がいた。

ボーカルだ、、、

なんなんだろう、もう言葉に表せないくらい下手なの、、、
一周回って天才なんじゃないかと思うくらい下手、、

よく言うじゃん?
僕らが下手だと思った絵が、実はめちゃくちゃ有名な人が描いためちゃくちゃ価値のあるものってこと。

もはやそんなレベルなのさ、彼の歌は、、、

オリジナルソングだから音程は正しいのかもしれないが、もしそれが正しいのなら音楽理論を1から学んだほうがいいくらい不協和音オンリー
しかも高いところは全部裏返ってるし、もはやそれでよくステージの上に上がれたなと尊敬すらしてしまう。

もちろん観客はしらけているし、中には爆音に疲れてうずくまる人もいた。
しかし、本人はとってものりのりで楽しんでいるんだ。

時間とお金を払ってごみのような音楽を聴かせられた僕たちは、きっと進撃の巨人第一話で巨人を前に絶望したハンネスさんと同じ目をしていたことだろう。。

そんなこんなでド下手バンドに付き合わされた挙句、めっちゃめんどくさいことになりました。

音響外傷

音響外傷っていう、スピーカーからの爆音を聞いたときになる耳の病気になった。。。
耳鳴りはするわ聴こえは悪いわで、ド下手バンドは音楽をする僕にとってはマジで絶望する外傷を残していったよ。。。

耳鼻科に駆けつけたのが早かったのが幸いして今ではすっかり治ってるけど、治療代も高かったししばらくは耳鳴りがうざかったし、マジで治療費請求したい!!笑

関連記事:音響外傷とか騒音性難聴を再発させないために、ライブは耳栓をしよう!

おわりに

自分のバンドが聴き手にどう思われているかとか、案外気づけないもの。
僕の耳をやったバンドも、同じサークル仲間に褒められて浮かれてからね。

彼らはきっと、「めっちゃいいライブできたぜ!観客もぜったい俺らに惚れたな!!」とか思ってたことだろう。。

バンドがうまくなるためには観客の意見を聞く機会を作り、それを真摯に受け止めて改善することが重要。
あと、客観的にアドバイスしてくれる人がいたほうがいいね。

周りを無視した自己満足な音楽にならないために、ド下手大学生バンドが聴き手に聴かせられるレベルになるためのポイントを記事にしたよ

関連記事:ド下手大学生バンドが上手くなるために意識するべき5つのポイント

ライブ中は観客を楽しませることに全力を注ぐべし!

関連記事:バンドが観客を楽しませるライブをするために意識すべき6つのポイント!

また、音楽関係で分からないことがあれば気軽にLINEしてね。
僕があなたのバンドに客観的にアドバイスする存在になるよ!

友だち追加

バンドをするときに歌が下手で悩んでる人はこっち!

関連記事:たったの5分で歌が劇的にうまくなる3つのポイント!

楽器もしっかりとえらんでね!
最低でも2~3万は出したいところ!

作曲の際に僕が使ってる機材紹介!

ボカロPになりたい人に向けて、必要な機材や方法を完全網羅!
この記事を読めば、今すぐボカロPとしてデビューできる!
作曲の際に僕がよく使うコード進行をまとめた記事。
この記事に紹介されてるコード進行を使えば、初心者だってめちゃくちゃいい曲が作れるよ!
歌い手になるための必要な機材を完全網羅!
たったの2万5千円で歌い手になろう!
スポンサードリンク

行きたい記事にすぐ行けるサイトマップ

記事のシェア、よろしくな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です