ロンダリングはした後が辛い? 学歴ロンダリング後に苦労した7つの体験談を紹介!

スポンサードリンク

どうもこんにちは
学歴ロンダリング後に苦労した友人に話を聞きました。ぴかちゃうりょうです!

みんな学歴ロンダリングって知ってる?
学歴ロンダリングは、卒業した大学よりもレベルの高い大学の大学院に入る事。

大学院からの方が学部で入るのよりも簡単に入れるけんめちゃくちゃコスパがいいんよ!

ただ、環境がガラリと変わる分苦労することもたくさんある。
学歴ロンダリングした僕の友人も、最初はめちゃくちゃ苦労したらしい。。。

てことで今回は学歴ロンダリングを考えてる人に、ロンダリング後の結構厳しい体験談を紹介するよ!

ロンダリング後に苦労した経験

周りがレベル高すぎてついていけない

ロンダリングしたら以前通っていた大学よりも賢い人たちが多くなるよね。

そしたら、周りのレベルが高すぎて劣等感を感じてしまうらしい。

そいつらについていこうと思ったらかなり努力しないと行けなくて、その努力がしんどくなるんやってさ

今までの大学で周りよりできてた人の

ロンダリング生
俺は賢いぜ!!

なんてプライドが砕かれることになる。

友達がいないから寂しい

ロンダリングしたら新たな地に住むわけじゃん?
そしたら友達がいないから寂しくなるよ

大学入学は一緒に入学した同級生がいて、みんな友達作りたーいって感じだから友達は作りやすい。

でも、大学院は内部から繰り上がりで院に進んでる人が多いから、ロンダリング生は転校生みたいな感じなんよね。

やけん自分から頑張らんと友達作りは難しい。
ロンダリングした友達も、自分から積極的に行動してやっと1人友達ができたらしい

孤立しがち

ロンダリング生はロンダリング先の研究室からしたら転校生みたいなもん。

しかも、研究室の学生の中には

内部生
学歴目当てで入って来やがって、うぜえ

なんて思ってる人も居るかもしれん。

やけん孤立しがちなんよね。
もうすでにグループもできとるけん、自分からアクティブに行動しないと孤立しちゃう。

1から勉強し直し

今までやってなかった研究をやり始めるわけだから、研究背景や文献なんかを1から勉強し直さんといけん。
しかも、大学院の研究って極めて専門性が高いから、ちょっとやそっと勉強しただけじゃ理解できんのんよね。

やけん最初の何ヶ月かは覚える事が多すぎて頭がパンクしてしまうかもしれん。

僕の友人も最初の数ヶ月は朝早くから夜遅くまで勉強しっぱなしだったらしい。

周りはできるのに自分だけできない

周りは内部生だから、1年遅れて入るわけじゃん?
さらに、学歴ロンダリングで大学のレベルが上がっとるけん優秀な奴も多くなるんよね。

やけん、周りの人に比べて自分ができなすぎて悔しい思いをすることになる。

新たな人間関係構築が疲れる

全く新しい人間関係で、しかもロンダリングって立場やからかなり気を使う。
そのせいで疲れるらしい。

飲み会とかも行きたくなくても行かんといけんし、飯に誘われたらなかなか断れない。

しかも、研究室に入ったばかりで分からない事だらけだから質問したりもせんといけん。
気の置ける人たちとコミュニケーションを取るのってかなり疲れるからなー。

研究室が忙しくなる

ロンダリング先の研究室が今いる研究室より忙しくて、慣れるまでしんどかったらしい。

やばい時は朝の8時くらいから夜の11時くらいまで実験だったらしいし。
覚えることもたくさんあるし超疲れてて、他に何もする気力がないくらい疲弊してたんだって。

それらを受け入れる覚悟を持って、ロンダリングをしよう!

ロンダリングは確かにコスパがいい。
学部で入るよりも簡単に最終学歴を上げる事ができる。

でも、入ってからはきつい事がたくさんあるってのを覚えといて欲しい。

そして、それらを受け入れる覚悟を持ってロンダリングをしよう!

大学生におすすめのアイテム紹介

理系大学生におすすめの、絶対に持ってた方がいいアイテムとか入ってると得するサービスを紹介してるよ!
クレジットカードを持ってないと、実はいろんなところで損をしてるんだ。
損をしないためにも、クレジットカードを作ろう!
スポンサードリンク

行きたい記事にすぐ行けるサイトマップ

記事のシェア、よろしくな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です